「いつも口だけ、カッコだけ」・・でも大きな進歩 Hypocrites' "a little huge" progress

【Email from FBI concerning the organized stalking/harassment that I reported】

From: "fbitips2@leo.gov"
To: masonhayashi@XXXmail.com
Sent: Tuesday, October 4, 2011 5:20 AM
Subject: Submitted Tip

THIS IS NOT AN AUTOMATED RESPONSE

Thank you for your submission to the FBI Internet Tip Line. After evaluating your submission, it is our determination that your information should be immediately forwarded to the appropriate local law enforcement authorities or District Attorney’s Office.

If you think your physical safety or the safety of others is in immediate danger, contact 911 emergency services.




先日当地の浄土宗のお寺(うちの宗派なんですが)から

浄土宗の新聞をいただきました

拝見するとまだまだ日本では震災の話題が中心のようですね

その傷跡の大きさに改めて心が痛む思いがしました



さて、こちらは集団ストーキングおよび思考解読器機の悪用や

ハイテク凶器による暴行の被害状況に関してまったく改善はありません

毎日、家を出れば50mおきにパープが湧いてきますし

持ち物も一日一点は必ず何か壊されるか盗まれ るか隠されるかされてますし。

身体への電磁的危害も毎日ひどいもんです



ただ、どうせ逮捕されることはないからと、あまりに人間を馬鹿にしたケースや

こちらが自転車のとき車で突っ込んできて脅すような連中などについては

ほうっておけば調子に乗って次々と別の被害者にも同じ危害を加えるでしょうから

ナンバーを確認できたときなどFBIにときどき通報しておりました



それに対しこれまでまったく返答はなかったのですが、

今月の初旬に初めて以下のような書面のメールがきました



要旨は、「FBIはあなたを(集団ストーキング)犯罪の被害者と認識しました」ということです

これまで自分らの仲間の権力犯罪者たち(あるいは自分ら)が、被害者を

自殺、病気、犯罪に追い込むような卑劣な危害を加えておきながら、

告発されたら「訴えの内容はすべて妄想だ。おまえは精神病だ」

と噓を吐いて被害者を二重に貶めるという、おおよそ人間が考え付くなかで

これ以上、卑劣で邪悪な犯罪はないだろうというような犯罪を

何食わぬ顔で行い、「誰もそんなことはやってない」とスットボケ続けてきた

日米の権力犯罪関係者にしては随分と、更正したといえるのではないでしょうか


とはいっても最初にお伝えしたとおり、こちらの被害状況はなんらかわりません

厳しいこと言いますが「いつも口だけ、カッコだけ、ポーズだけ。

 やるといったら本当にやるのは集団ストーキングと戦争と人殺しくらいのもん」

というアメリカ人の悪い癖は今に始まったことではありませんが

それにしてもアメリカ政府も連邦警察も、もはやギャングストーカー犯罪者を

コントロールできない状況にある証左ですね

国としては、かなり末期症状だと思います

短命に終わったナチスやシュタージとか、関東軍の暴走をコントロールできなくなって

特高警察が暴虐やり放題やった末期の大日本帝国とか、

江戸幕府が滅ぶとき密偵をはりめぐらし新撰組などに官製テロをおこなわせたのと

状況がそっくり同じですね



ただ、そうはいっても日本の警察は、ここまではっきりと

犯罪の被害者を犯罪の被害者だと認定する力すら無いようですから、

まともな返答があっただけマシかなと思いご報告いたしました

権力犯罪者さんにとっては小さな一歩だが

道徳性が世界最低の人間が更正の兆しを見せたことは

人類にとって月に行くことよりも大きな一歩である (脚注)



では全世界の被害者の皆様のご無事とご健康をお祈りします


【FBIからのメール】

From: "fbitips2@leo.gov"
To: masonhayashi@XXXmail.com
Sent: Tuesday, October 4, 2011 5:20 AM
Subject: Submitted Tip



THIS IS NOT AN AUTOMATED RESPONSE



Thank you for your submission to the FBI Internet Tip Line. After evaluating your submission, it is our determination that your information should be immediately forwarded to the appropriate local law enforcement authorities or District Attorney’s Office.



If you think your physical safety or the safety of others is in immediate danger, contact 911 emergency services.



The Internet Tip Line (ITL) was created on 9/11/01, in response to the terrorist attacks upon America. We quickly established a mechanism for the public to submit information to the FBI via the Internet, and we have thus far received over 2,850,000 tips from around the globe. Our operation is completely automated and paperless. Submitted tips are received immediately, reviewed within minutes and prioritized by trained Professional Support personnel, and Agents set action leads within the hour, as appropriate.



We encourage you to share this information with your family, friends, and co-workers, and encourage them to not hesitate to submit information they may deem of interest to the FBI.



IMPORTANT - NOTE THE FOLLOWING:



The FBI does not maintain an email address to submit information or attachments to directly; therefore, please do not reply directly to this message via your email client. The FBI maintains an automated system that is designed to track all information received, to ensure that all tips are addressed in a timely and efficient manner. Therefore, please visit the FBI.GOV Web site again should you have occasion to submit additional information. We WILL NOT open or respond to “reply” email.


______________________________________________

注:聖書にも「見失った羊」の喩えばなしがある。

ルカによる福音書 / 15章 1~7節
1: 徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。
2:すると、「この人は罪人たちを迎えて、
 食事まで一緒にしている」と不平を言いだした。
3:そこで、イエスは次のたとえを話された。
4:「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失っ
たとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し
回らないだろうか。
5: そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、
6: 家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたの
で、一緒に喜んでください』と言うであろう。
7:言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改
める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある。」

Post a comment

Private comment

Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.