You are too important~Californiaからの伝言

【原文】
Guess Who (Los Olivos, CA) #25 Feb 6, 2008

And don't kill yourself, I know you feel like it, I do, too, but please don't do it. You are far too important.

It should be the gangstalkers and cops and politicians who kill themselves and the landlords and lousy neighbors who kill themselves, but don't you do it. Please.

My son committed suicide and my daughter has made several attempts and partly from the gangstalking and partly because of losing her brother and I feel like it, too, it is horrible to lose a child and a horrible thing to live with day after day to know your son is gone and you can't see him or talk to him and I could lose both children if my daughter does it, too.

『拝啓 日本のギャング・ストーキング被害者の皆様』 ~カリフォルニアからの伝言

・・・このブログのタイトルをつけるきっかけになったのは英語圏の集団ストーカー(コインテルプロ/COINTELPRO)犯罪の告発サイトのコメント欄に上記のような書き込みを見つけたためです。今、日本で蔓延している集団ストーカー犯罪の元凶はアメリカFBIが考案したコインテルプロと呼ばれる権力犯罪(脚注1)にほぼ間違いありません。この事実を指摘する日本人が少ないのは、アメリカに住んで現状を直に見てないため単に無知か、あるいは報復を恐れ己の身かわいさに知っててとぼけている者が多いからでしょう。

被害者救済を目的とするNPOが発表した統計によると、集団ストーカー、エレクトロニック・ハラスメント(ハイテク凶器による遠隔からの陰湿な拷問)、および同じく遠隔から脳内情報を読み取る機器の悪用による犯罪のアメリカ国民の被害総数は40万人。これほど大規模で手口の統一した犯罪は、国家犯罪でなければ不可能であり、権力犯罪者らが首謀し、一般人にも集団ストーキング犯罪などに協力させながら、政府に都合の悪い言論、運動を行なう者や、この国家犯罪自体を告発する者を弾圧するため、税金でおこなっているとしか考えようがありません。

また、「対テロ・防犯パトロールのため」などと集団洗脳され、加害サイドに与する一般市民の数は、被害者数の数十倍は下らないのが相場です。この事実は、東ドイツで80年代まで行なわれていたシュタージによるまったく同様の国家犯罪を暴いたジャーナリズムの金字塔、Anna Funder著『監視国家』を読めば一目瞭然です。

つまり全米被害総数が40万人だから加害者は40万人の数十倍。したがって今や国民の大半がストーカーという、まさに「世界一病んだ」「集団ストーカー天国」のアメリカですが、筆者と同じく、この犯罪で親族を亡くされ、現在も苦しまれているアメリカ人被害者の皆さんのご無事とご健康を、そして遺憾ながら既に亡くなられた犠牲者(脚注2)のご冥福をお祈りし、ここに謹んでその書き込みの翻訳を掲載させていただきます。


名前:私は誰でしょう? (カリフォルニア州 ロス・オリボス) # 25 2008. 2. 6

・・それから皆さんは生きてください。死にたくなるのはわかります、私もですから。
でもお願いだから死なないで。あなたがたの命はあまりにも大切なのです。
自殺すべきなのはギャングストーカー、警察官、政治屋たちであり、そして家主や
近所の卑劣な連中であってあなたがたは死んではいけません、お願いだから。
私の息子は自ら命を絶ちました。
そして娘もまた、これまで何度か自殺未遂しています。ギャング・ストーキング被害と
兄弟を亡くしたことを苦にしてですが、死にたい気持ちは私も同じです。子供を失うのは
むごいことです。来る日も来る日も、もう息子はこの世にいない、もう見ることも話しかける
こともできないのだと思い知る日々を送るのは残酷なことです。これでもし娘まで
死んでしまったら子供を二人とも失ってしまうことになるのです・・・・


______________________________________________
*1コインテルプロの犯行手口

COINTELPRO – Methods

Although this discription refers only to the cases against Black American activities, the ongoing organized stalking, or gang stalking, shares a lot of common methods.

According to attorney Brian Glick in his book War at Home, the FBI used four main methods during COINTELPRO:

1.Infiltration: Agents and informers did not merely spy on political activists. Their main purpose was to discredit and disrupt. Their very presence served to undermine trust and scare off potential supporters. The FBI and police exploited this fear to smear genuine activists as agents.

2.Psychological Warfare From the Outside: The FBI and police used a myriad of other "dirty tricks" to undermine progressive movements. They planted false media stories and published bogus leaflets and other publications in the name of targeted groups. They forged correspondence, sent anonymous letters, and made anonymous telephone calls. They spread misinformation about meetings and events, set up pseudo movement groups run by government agents, and manipulated or strong-armed parents, employers, landlords, school officials and others to cause trouble for activists.

3.Harassment Through the Legal System: The FBI and police abused the legal system to harass dissidents and make them appear to be criminals. Officers of the law gave perjured testimony and presented fabricated evidence as a pretext for false arrests and wrongful imprisonment. They discriminatorily enforced tax laws and other government regulations and used conspicuous surveillance, "investigative" interviews, and grand jury subpoenas in an effort to intimidate activists and silence their supporters.

4.Illegal Force and Violence: The FBI conspired with local police departments to threaten dissidents; to conduct illegal break-ins in order to search dissident homes; and to commit vandalism, assaults, beatings and assassinations. The object was to frighten, or eliminate, dissidents and disrupt their movements.

The FBI specifically developed tactics intended to heighten tension and hostility between various factions in the black militancy movement, for example between the Black Panthers, the US Organization and the Blackstone Rangers. This resulted in numerous deaths, among which were the US Organization assassinations of San Diego Black Panther Party members John Huggins, Bunchy Carter and Sylvester Bell. (WIKI)

以下は『羊の太郎君のブログ』の筆者さんによる要約(一部筆者が修正):

【1.潜伏】

「潜伏」とは工作員が「標的」の周囲に潜伏し、「標的」の全ての人間関係に干渉し、新たに工作員や情報提供者を作りだす戦略である。

具体的には「標的」の職場に入り込んだり、標的の居住するコミュニティに移り住んだり(集合住宅の場合、上下左右の部屋に工作員が入り込む事はよく知られている)、親族・友人・知人等の関係者に接触したりする。そしてその活動を通して新たに「標的」に対して工作活動を行う者(工作員)や情報提供者を作り出すのである。


【2.心理戦術】

この「心理戦術」は「潜伏」と繋がっており、工作員が潜伏先で「標的」に関する「嘘の噂を流布」し、「標的」の人間性を貶め、人間関係を破壊し、社会的に孤立させる事を目的とした戦略である。

具体的には潜伏先の職場の人々、地域コミュニティの人々、親族・友人・知人、その他「標的」が帰属する全ての団体の人々に「標的」に関する嘘のネガティブ情報を流し、「標的」を社会的に孤立させるのである。


【3.法のシステムや政府機関を使った対象者へのハラスメント】

「法のシステムを使ったハラスメント」とは、例えば「標的」の過去の法律行為(納税等)を調べあげ、些細な間違い等を見つけ出し、または「標的」に罠を仕掛け些細な脱法行為を誘発し、それらをもとに脅迫的な活動を行うことである。また「政府機関を使ったハラスメント」とは、例えば警察を使って「標的」の自宅や仕事場へ頻繁に訪問させたり、税務当局を使って必要もない査察を行ったりすることである。


【4.暴力やその他の法外の圧力の行使】

「暴力やその他の法外の圧力の行使」とは違法性の伴う嫌がらせで、例えば令状無しの家宅捜索、頻繁な家宅侵入、物品の窃盗や損壊等がある。最悪の場合暗殺に至る事さえあると言われている。
http://blogs.yahoo.co.jp/ino_medaka/folder/980058.html


*2 アマゾン.comの上記書籍紹介ページやユーチューブにある関連動画にも集団ストーカー/COINTELPRO犯罪の犠牲になり亡くなった若い女性などの顔写真がご覧になれます

Book for reference:
“Hidden Evil”  Mark Rich
http://www.amazon.com/Hidden-Evil-Mark-Rich/dp/1435750101/ref=pd_sim_b_3

*scroll the webpage down and see the movie from 5:46.
You can see the pictures of the dead victims’ face.

Youtube version:
http://www.youtube.com/watch?v=KepNclRyiWY&feature=youtu.be

Post a comment

Private comment

Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.