『拝啓 ギャング・ストーカー犯罪者の皆様へ』

【集団ストーカー犯罪者たちの犯行声明】

2005年 夏

 父の死について調べはじめ、集団ストーカー関連の掲示板に被害告発をしていた際、
それに対し同犯罪に関与したと思われる者たちが以下のような書き込みをしてきた。

「ここは、やっちまったことを総括するスレか?」
「自殺は戦果として報告される」
「これは戦争である。末端たちはわかってないだろうが」
「孫子の兵法」(プライバシー窃盗により「敵の弱みを知る手法だ」という意味と思われる)
「また脳直で聞かせてやるw」 (英語圏で俗にV2Kと呼ばれる危害のことらしい)
など。
 
  *********************************************

 これについての私見です。
  「これは戦争である。末端たちはわかってないだろうが」
  「自殺は戦果として報告される」
というネット掲示板の書き込みは、犯罪者らが「自分らは戦争をしている」
と妄想することによって、結果的に人殺しにつながる各々の行為が
卑劣で変質者そのものの犯罪にすぎないという現実から逃避し
罪悪意識を誤魔化していることを図らずも語っています。
 
  こんなことを言うのもバカらしいですが、本物の戦争ならジュネーブ条約など
交戦規約というものがあり無抵抗の非戦闘員へ意図的に危害を加えれば
戦犯というりっぱな犯罪です。
だいいち味方や自分自身の命も敵と同じように死にさらされて初めて戦争といえるのに、
なんとも「安全」で、「卑怯」&「臆病」と言う日本語を絵に書いたような犯罪しかできず
司法・警察もグルになり捕まることはないだろうとタカをくくる集団ストーカー加担者に
正規の軍人など務まらないでしょう。

 それでも集団ストーカー各人の頭の中では、私のようなただのオッサンが「敵」に見え、
集団でプライバシーを窃盗・侵害し一方的に嫌がらせして殺してやらなければ、反対に
自分らの頭上へ砲弾でも落下してきて戦死するかもしれないといった類の
脅迫妄想でもあるのでしょうか?

これでは、
「誰でもいいから殺せ、さもないとおまえが殺される」
と天から声が聞こえてきて命令されたので通り魔殺人をやりました、
と説明する精神障害者と集団ストーカー犯は一体どこが違うのでしょうか?
 己の実態がわかってないのは「末端」の実行犯だけではなく、
「これは水面下の戦争(COVERT WAR)である」などと煽っている
ストーカー犯罪教唆犯諸君も同じであることに気づかないのでしょうか。

 たしかに集団ストーカー犯罪は「十分に計算された組織的な恐怖を“敵”に対して
継続的に加えるテロの手法」(佐藤龍巳『テロリズムとは何か』)が
採用されているかにもみえます。
しかし大儀のためなら戦闘で死ぬことも厭わないテロリストとは違い、この組織犯罪は
教唆する犯人像をどこまでたどっても所詮、「動機は私的欲望」であり、
プライバシーの「窃盗」、「人権侵害」を手段にして精神・肉体的暴力を加え
標的の生活を妨害し、人格を破壊させたり自殺させたりして、
ただの人殺しをやり、やらせるだけの犯罪にほかならず、
極め附けには「そんなことはしていない」と嘘をついて逃げ続けるところまで、
ことごとく単に臆病な「犯罪」にすぎません。
こんなのをテロと一緒にしたら命がけのテロリストが怒るでしょう。

 戦争(正規戦)とは別に、テロも犯罪も古代より存在する。しかしテロや犯罪の
ように卑怯な手法が人類を完全に支配するほどの「優れた手段」であれば、
淘汰によって人類はとっくにテロリストと犯罪者だけになっているはず。
しかし文明が生まれてからでも既に数千年経過した歴史の中でそのような世界は一度も
現出していない。

 テロの世紀と呼ばれる21世紀の真っ只中にいる現代人は、
これが永遠に続くかのような錯覚を持ちがちだが、
人間には悪と恐怖を乗り越える「修復力」が備わっていることは
歴史が物語っています。

Post a comment

Private comment

Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.