6.【ロサンゼルスの自宅での被害】

2009年~

例えば車のトランクを開けると真ん中にぽつんとカミソリの刃が置かれていたり、
2009.6からは毎日、家の周囲で常にストーカーたちが交代で車を走らせており、
クラクション鳴らして去ったり、道の真ん中で停車してみたり
ドアを大きな音でバタンバタンと意味なく開閉して去ったり、
大声で何かわめいたり、エンジンをふかしたり、タイヤを鳴らして去ったりなど、
さまざまな嫌がらせがある。

  これがストーカーの仕業だというのが
私の「思い込みや勘違いではない」と何故わかるかというと、
こんな状態は元からではなく、引っ越してきた当初は、本当に静かなものだったからだ。
そもそも住宅エリアにあるこの家の前の道路は15分に一度くらいの割合でしか
車が通らなかったのが2009年6月初旬のある日を境に、
私が机に向かっている間や座禅をしているときなど
特定の行為中にあわせては最低1分おき、多いときは10秒間隔で(つまり1分に6回、
10分で60回!くらいの頻度 – 誇張ではなく実際に数えた結果)
ストーカーに家の前を車で通過させている。ごくたまに窓から眺めて観察してみると
運転手はほとんどがサングラスをかけていたり、あるいはこちらに気づき
目が合いそうになると顔を隠すものが多い。
また同じ車が時間を置かず二度三度と往復する。

Post a comment

Private comment

Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.