すべての道はローマに通ずる

COINTELPROレポート ~イタリア番外編

July 17, 2012

 今回、トルコを訪れる前に、イタリアのローマにも寄りコロシアム跡を見学してきた。かつて、そこでは捕えられたキリスト教徒をトラやライオンに食い殺させる虐殺劇が「見世物」として行なわれ、ローマ市民は大いにこれを楽しんだ。しかし当時のキリスト教徒の信仰は堅く、皆、安らかな顔で死に臨んだと伝えられる。所々崩れかけたコロシアムの壁の側に立つと、当時の興奮した民衆の歓声が、ローマの夏空にコダマするかのようだった。日本ではまだ竪穴式住居に暮らし、せいぜい高床式倉庫が画期的だった当時、人類最高峰のテクノロジーの粋を結集した建造物の中で人間たちがやっていたことは、ただの変態的な殺人の見世物だった。そんなイカレたローマ市民が内部から帝国を崩壊させた歴史はあまりにも有名。

turkey 037


このローマには、旅の最後の日にも、飛行機の乗り換えのため、空港に再び立ち寄った。「集団ストーカー天国アメリカ」に於ける連日の嫌がらせから約2週間ほど解放されたのも束の間、帰りのロサンゼルス行き飛行機の搭乗口では、早速、5~6名のムサ苦しい男のパープ集団が、待ってましたとばかりに、こちらが傍を通り過ぎる瞬間ピッタリに合わせ全員で突然、大声で嘲笑を浴びせてきた。典型的な集団ストーカーの嫌がらせが、また始まった。ああ、また毎日こんなイカレタ人間の相手を、無料でしてやらねばならないのかと思うと、これから再び「世界一病んだ国」に戻るんだなと実感した。

今やアメリカでは大衆が、若者を中心に、携帯やノートパソコンの画面を覗きこみ集団ストーカーの被害者の苦しみを実況中継で見て、カタルシスを満たすことを娯楽にさえしている。これにはテクノロジー開発競争を手放しで礼賛してきたことの弊害も忘れてはならない。今や特殊機器によって24時間365日、他人のプライバシーを窃盗することが可能になり、多くのアメリカ人にとって、この窃盗された他人のプライバシー情報にアクセスできることが、彼らの屈折した優越感の源になっている。まさに国全体が「巨大な精神病院」と化したアメリカ。

また最新の非公開テクノロジーを悪用した兵器で「偶然の事故や病気」に見せかけた人殺しも盛んに行なわれている実態が取り沙汰されている。斯の権力犯罪の告発を行なっている筆者も、即死に至る危害を除いては、ほぼ全ての種類の拷問的な危害を毎日、経験している。まるでコンピューターゲームで遊ぶように拷問や人殺しするのだから実行犯らの罪悪感は極めて希薄なのも容易に想像できる。さらに、そんなことはやってないと噓を吐けば責任を逃れられると思っているのも末端の集団ストーカーと同じに違いない。

アメリカで作れない物質は無い、といわれるほど、世界の最先端テクノロージーが結集するこの国だが、ハイテク凶器犯罪を告発しても、精神病者の妄想にでっちあげる仕組みができあがっている。しかし秘密兵器を半ば「公然の秘密」として何の罪も無い人々に濫用しつづけてきたことに伴う人心の荒廃は激しく、最近、社会的にも経済的にも、様々な形で、そのほころびが見え始めたようだ。だが、これまで非公開のハイテク凶器をカサに、人間をことごとく馬鹿にしてきたツケが、まわってきただけのことだ。まるで滅亡前夜のローマ帝国。すべての道はローマに通ずる!いつか来た道?果たして歴史は繰り返すのか!? 

実はそんなことは、もうどうでもよい。形が変わることなく永続するものなど、この世に何ひとつない。国家とて同じ。ましてや個々の人間の死の前では、国家など何の力も持たない。さらにいえば人間の外見的、物質的な華やかさと、人間性すわち倫理・道徳レベルは全く関係ない。ローマ、そしてトルコ各地で訪れた古代ギリシャ・ローマ時代の華やかなりし都市国家の廃墟をいくつも、この足で巡り、改めてそのことを学んだ。
Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.