9-5【犯罪に関わっている者たちの証言】 即応予備部隊にて

・即応予備自衛官部隊の同僚

 2002年4月から7年間勤めた山口県の即応予備自衛官部隊でも、
この犯罪に加担する者は多かった。

 即応予備自衛官制度とは自衛官が除隊後、
予備役として年間30日の訓練召集に
応じるものであるが、訓練日は2~4日単位に小分けして
複数回用意されているなかから個人の都合で任意に選ぶため
たとえ所属部隊が同じでも毎回、同人物と訓練が一緒になるとは限らない。

 2005年7月頃、(部隊外の)ある知人に自分は今度の休みに
台湾へ旅行に行くかもしれないとメールしたことがあった。
結局、そのとき旅行には行かなかったが、
その2~3カ月後に訓練に参加した際、TMという同僚が、
挨拶も前置きも無く唐突に「台湾行ったあ?」と言う。

 その直前、彼があることで先輩隊員から叱責を受け
それを屈辱に思っている様子を、自分はたまたま通りかかり目撃したのだが、
これに関し、私より階級が上のTMはバツが悪かったのか、
悔しそうな表情で携帯をとりだして外部とメールでやりとりしはじめ、
見終わるとニンマリしながらその直後に「台湾行ったあ?」と
言ったのだった。

  TMとはもともとそれほど親しくもなく当然、
旅行の予定の話しなどしたこともないうえに、
数ヶ月ぶりに会った人間に何故いきなりそのような
脈絡の無い発言をするのか問いただした
ところ答えをはぐらかし続け
「H君(筆者)には言ってもわからんよ」
などと言ったり
「自分がこれまで習ってきたことを○○(ある後輩隊員)に伝授しているところだ」
とか
「絶対、証拠は残しちゃいかん」などと発言した。
これらはいわゆる「ほのめかし」と呼ばれる犯行方法について述べたもの
であると考えると、ちょうど筋が通る。

この時点でTMはこの犯罪に深く関与し、
私の父の死についても知っているのは明らかだったが
まるで罪悪感や良心の呵責はないようで、自分らが
まるで正しいことをしていると
思い込んでいる様子だった。

 さらに厳しく問い詰めても、適当に誤魔化し
それ以上は具体的に答えようとしない。
そこで、
「フンッ、どうせ携帯やらパソコンがないと何もできんくせに」
と、集団ストーカー犯罪者は、他のストーカー犯と
常に何らかの通信媒体でつながりをもっていなければ
不安で仕方がない「集団犯罪依存症」ともいえる心理を持っている点を
突っ込むと、
「ああ、一番イタイところを言われた」
と、意外に素直に認め、とても悔しがっていた。

  ちなみにこのTMという男はその後、
2007年7月ころ他の隊員Kにも執拗に殺害をほのめかすような
脅迫メールを送ったり、連日夜中の3時、4時頃まで
嫌がらせの電話を一日に30回程もかけ、ようやくその被害者の
訴えに応じた警察から母親を呼び出され注意を受けた経歴もある。

 また、TMは「H(筆者)には前科が3つもある」
などと出鱈目な中傷内容を他人にメールし、
こちらの住所(ただしそれも出鱈目)も添書きして、
「本人はこのメールがばら撒かれていることを知らないから、
これで優位に立てるよ」
などと書いて送りつけていた。
そのメールを受け取った上記の被害者隊員であるK本人から
直接見せてもらい確認した。

 聞くところによるとTMは幹部も含めた上司たちにも
執拗に脅迫電話をしていたらしく、
業を煮やしたある上司の
「もうあいつはゆるさん。絶対辞めさせる。」
の言葉通り2008年ころ追い出されるようにして退職していった。

9-4【犯罪に関わっている者たちの証言】Nの母親その2

<家庭教師の生徒だったNの母親> 続き

 一連の被害の概要を話し、これが「被害妄想」で自分は「病気」だと思うか
という疑問をストレートにぶつけると、はっきり
「いいえ、病気じゃありません」
と言い、それぞれの嫌がらせやほのめかしについて
「(ひとつひとつ)それがどういう意味なんか、よう考えることです」
と語った。それが犯罪組織からの意図を託したメッセージになっているという
意味らしい。

  また2000年秋にJR下関駅に車で突っ込み通り魔事件を起こした者も、
同じ集団ストーキング犯罪の被害者だったのではないかと指摘すると、
やおら笑いながら
「ああ、あ・れ・はァ本当に病気だったんですよ、あははは」と語ることで
逆説的に私の話す内容については病気(妄想)ではないことを認めた。

  そして集団による人海戦術的なつきまといに加え、ハイテク凶器を使用した
電気ショックのような危害などもあることを話すと、呆れたような顔で
「まあっ、そんなことまでやるんですか」と驚いていた。この犯罪について
知っていることをできるだけ聞きだそうと尋ねた際も彼女はまず最初に
「私も全部は知らんのですけどね・・・」と前置きしながら話し始めたが、
この母親とは丸3年間にわたって接してきたので、私にはそのときの彼女は
本当のことを言っているのがわかった。これによって明らかなことは、

①犯行を教唆する者と実行犯とが完全に分業し、また実に多くの犯罪協力者を
 動員することで「他にも大勢やっているんだから大丈夫だろう」というふうに
 罪悪感を分散させる。同じ手法はオウム真理教のテロでも見られ、教祖は
「自分は指示しただけで実際は手を下していない」と言い逃れ、実行犯のほうは
「指示されたとおりのことやっただけで殺意はなかった」などと、やはり責任を
なすりつけあったのと全く同じ構造をなす
・・という手法がとられているという事実である。

しかし、末端の犯罪協力者たちに自覚があろうとなかろうと、彼らの危害により
被害者は実際に自殺する、心身を患う、あるいは自他の命に関わる深刻な
事件・事故を起こす、などしている。特に「自殺」に関しては、
大衆をマインドコントロールできる機器の敷設が秘密裏に日本全国に、
いきわたったとされている90年代後半から、「自殺者」の数が毎年、万単位まで
増え、こんにちに至るまで高止まりしているという異常な事態が続いているのも、
もちろんこの犯罪と無関係ではない。集団ストーカー犯罪者さえいなければ、
自殺など考えもしなかった人が「自殺」すれば、これは紛れも無く人殺しである。
当然「人殺し」をやらせた者も「人殺し」であるが、ほとんどの末端犯罪協力者は
自分が人殺しという凶悪犯罪に加わった事実を自覚していないようだ。
  

ほかにも平凡な大衆が集団ストーキング犯罪に与するようになる背景には、

②被害者は入れ替わり立ち代り不特定多数から文字通り一年365日、
 酷い嫌がらせをされることで、その被害者が毎日受ける一回ごとの苦痛が
 どれほど相乗的に辛さを増すのかなど、「被害者がかわいそう」と思うような
 情報は末端の大衆ストーカー犯罪者にも隠している。
 すなわち、この組織犯罪全体を鳥瞰した全体像は末端の犯罪協力者には
 一切知らせず、(犯罪に協力している)末端各人が自分の犯行は
 「これ一回くらい、べつに、たいした嫌がらせではないし」
  と罪悪意識を感じないで犯罪を楽しむようにマインドコントロールしている。

③被害者救済団体の調査や多くの被害者の証言、また英語圏の国では逮捕者も
出たことで明らかになっているとおり、標的にされている被害者が悪人かのような
デマを流し、危険人物にでっちあげることによって被害者にはもともと罪もないのに、
まるで嫌がらせを受けて当然の人物であるかのように周囲の犯罪協力者たちを
洗脳していくという手法が大衆に対して行なわれていることが覗える。

 
   さらにこの母親は「相手より上に立たんにゃ(立たないと)ダメですよ」と
よく言っていた。 相手の考えや行動を一方的にノゾキする立場になると、
もうそれだけで人は、覗かれている相手(被害者)より“上にたっている”妄想が
起こる。そしてその妄想にいつまでもしがみついていたい欲求が、
さらなるガスライティング犯罪へと駆り立てる。
このようにして末端の大衆ストーカーらはプライバシーの窃盗、侵害、ストーキングなどの
一連の変態行為を、微々たる見返りで自発的に参加、継続していく原動力に
しているようである。

   とは言っても、この犯罪に関与している者はあまたいるなかで、
そのほとんどは自らのガスライティング行為についてや
このような犯罪組織が存在することすら一切認める勇気はなく
スットボケて逃げるなかで、ちゃんと認めた点だけは立派だといえる。


参考図書:

『人はなぜ足を引っ張り合うのか ~社会心理学からの学び』 斎藤 勇

 「相手を監視したり不利な立場に追い込めるなどの強い権限を持つと、
人はオモチャを与えられた子供と同じで、それを使って遊んでみたくなるのです。
ただし・・・むやみやたらとそれを振り回すと生産性は落ち、
組織は疲弊していきます。」  (p.205)


Evil results from social forces. Situations can induce ordinary people to capitulate cruelty..…the most terrible evil evolves from a sequence of small evils. German civil servants surprised Nazi leaders with their willingness to handle the paperwork of the Holocaust. They were not killing Jews, of course; they were merely pushing paper. When fragmented, evil becomes easier (208).
Myers, David G. Social Psychology. New York: McGraw-Hill, 2010.

【大意】
悪は社会的な力によってもたらされる。場の空気に呑まれて平凡な人びとが残酷になる・・本当に酷い凶悪行為も小さな悪行の積み重ねからなる。ホロコーストを遂行するための事務手続きを自ら進んで行なったドイツ人公務員らの積極性はナチス党の高官たちを驚かせた。もちろん彼らはユダヤ人を殺していたのではなく、事務処理を進めていただけである。悪行も分業すればやりやすくなるのだ。

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/04/social-psychology-myers-david-g.html

9 -3【犯罪に関わっている者たちの証言】 N親子

・家庭教師の生徒だったNの母親

  このN親子も「つきまとい」「ほのめかし」をよくしていた。
例えばある日こちらがその家での授業を終えると、
帰りにいつも寄っていたスーパーに母親が現れ
「今日は遅かったですね」と言う。
この親子に(というより別に誰にも)いつもそのスーパーに寄ることなど話した
ことはなかったうえに、その日はたまたま思い立って、先に隣の町まで回り道して
ガソリンを入れに寄ったので、そのスーパーに行くのが「遅くなった」日だった。

  この母親に、この一連の現象は組織的な犯罪なのかを確かめようと話を聞いたところ、
(この親子とは全くつながりのない)別の人間に数日前にも私が同じような相談をした
ことや、加害集団のひとつが朝鮮総連のような暴力団組織ではないかと思い当たった経緯を
相手に話したそのときの会話のせりふまで、なぜかこの母親は知っており、
時折り薄ら笑いを浮かべながら
「どんな人たちがやりよるかわかった時は血の気がひいたでしょう?」とか、
これからどうすべきか相談すると、
「我慢することですよ」などとも言い
「何年かして実力をつけて話しに行くことですよ。今、行っても目で負けるう」
と述べ、この犯罪の指示役と面識があることを示唆した。

  この組織犯罪について話したことによって彼女に危害が及ばないのか、
こちらが心配して気遣いの言葉をかけると
「あたしは守られとりますから、あははあ」
と高笑いしたことからもそれが裏付けられる。

  後日、ネット掲示板を見ていると、自分に対する「ほのめかし」が行われるのと
同じ状況でこの母親の家庭の事情(離婚暦があること等)をほのめかした書き込みを
確認し、美容師であるこの母親の自宅(兼美容院)を訪問し店先で話をしていた際、
その旨を告げると驚いて動揺しながら
「誰がそんなこと言いよるんですか?私も監視されとるっちゅうことですか?
・・嫌やっ、おそろしいっ」
と突然、話をきりあげ、ひきつった表情で周囲を見回し、
すぐさま店の入り口の扉を閉めて中に消えていった。

 自分がされたら「おそろしい」と思うことを他人には平気でやり
そのうえ罪悪意識がまったく無い人間のほうが「おそろしい」とそのとき思った。

9-2【犯罪に関わっている者たちの証言】継母の発言

<継母の発言>

05年9月頃

身体に対し電気ショックのようなものを与える危害などが続き、これが家のどの場所でも
起こるか試すために居間のソファなど、寝る場所を変えて観察していたところ
加害グループの一員でもある同居していた継母は、こちらが怖がってそうしていると
思ったらしく
「そんな大きな体して逃げ回らんでもええのに」と嘲笑するので、
「だって日本人を何人も誘拐したような連中やからね」とカマかけてみる。
すると
「ははは、そうよあんたも拉致されんように気をつけえよ」
と答えたので、すかさず
「拉致? 今、拉致って言ったけどどういうこと?」
と問いただすと血相を変え慌てて自室のある二階へ駆け上がり
(その間おそらく携帯で外部と連絡をとっていたと思われるが)
しばらくして緊張した表情で降りてきたところに、もう一度同じ質問をすると
「拉致なんて言ってない!」と動揺しながら必死に前言を翻す。

 また他のあるときには書籍(『朝鮮総連の大罪』)で調べたところ
日本に在住する朝鮮人集団が、古くから集団ストーキングを行なう団体の
ひとつに挙げられていることをふまえ指摘すると、
「朝鮮人は賢いけえねえ」などと肯定的な言葉で応えていた。

9.【犯罪に関わっている者たちの証言】

つづきまして犯罪協力者側からの証言です。

  その前に紹介させていただきたいのですが、
昨年(2009年)7月ロサンゼルスから成田へ向かう機中で隣の席になった
日本人女性と会話をしていて興味深い話を聞きました。

  彼女は鳥取県の日本海沿岸にご両親が住んでおられるそうですが、
日本海沿岸といえば北朝鮮人により日本人が大量に誘拐される事件が頻発したところです。
しかし地元住民たちや警察官たちも薄々それが北朝鮮人に
よるものらしいと知っていたにもかかわらず、それを社会的な問題として告知する
どころか、とばっちりを怖れて、逆に「我、関せず」と知らん顔を決めこみ、
お互い拉致事件そのものを口にしないよう厳重に口止めし合うあり様だったそうです。

集団ストーキング犯罪を知っている第三者にもおなじことがいえるのではないでしょうか。
例えば北朝鮮のキムが拉致犯罪を公に認める以前からそれを知っていながら
知らん顔をしてきた人たちと同じように、多くの大衆は思考盗聴機器やハイテク凶器を
使った嫌がらせとその隠蔽のための集団ストーカー犯罪を知っていながら、
己かわいさや、あるいは恐怖心により現実から逃げるものが多く、
それが解決を遅らせているのが現状ではないでしょうか。

 しかしそんな中で山口県に在住していた間、逆にこれが組織犯罪であることを示唆して
くれる者も何人かいました。
仮に当方がこの犯罪を告発しても自分らが法で処罰されることなど
無いだろうと高をくくっていたのか、あるいは組織犯罪であると認職させたほうが、
当方に恐怖心を植え付け黙らせるのに、より効果があるだろうと主犯格が判断して
のことかはわかりませんが、彼らからは以下に詳述するような発言がありました。

 彼らは一様に罪悪意識が欠落しているうえ、
むしろ大規模な犯罪組織の一員であることがうれしく、自慢ですらあるかのような
口調で語ってくれたのが印象的でした。
Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.