歴史的犯罪の生き証人

【COINTELPRO report @USA】
日系人強制収容とコインテルプロ犯罪 (初出2009.11)


隣町のアーケイディア市歴史博物館で大戦中の日系米人強制収容に関する展示が行われ、それに先立つオープニングセレモニーに2009年
11月14日参加しました。
Nさんという早稲田大出身の若い日本人女性研究者が概史を講義されたあと、強制収容を経験された日系米人の方がお二人、セレモニーに出席されたお仲間を代表してスピーチされました。

 どんな理不尽な仕打ちを受けても当時は“アメリカンライフとはこんなもんなんだ”と自分に言い聞かせただ黙々と命令に従ったそうで、まさか後世、自分がこうやって歴史博物館でスピーチするような歴史的出来事に立ち会っているなんて思いもしなかったと述べられたとき、会場からどっと温かな笑いがこぼれました。

  戦争中とはいえ罪なき日系市民を根こそぎ強制収容所に送った、狂気ともいえる出来事(同じく敵国民族だったドイツ、イタリア系にはそのような措置はなく明らかな人種差別行為でもありますが)は、80年代になってやっと日系二世の人たちが「そんな出来事おかしいんじゃないか」と抗議運動を起こして初めて社会的な関心を得、大統領の謝罪という成果に至りました
同じように集団ストーキング
/思考盗聴/ハイテク凶器による拷問という組織犯罪を知る人びとは、ざっと20年後には間違いなく歴史的出来事として記憶されているであろうこの世界同時多発集団犯罪のリアルタイム目撃者なんですね。ごく平凡だった庶民たちが集団発狂し、不特定多数で代わる代わる、罪無き被害者に精神・肉体的暴力を加え殺す。「逆通り魔」とも呼べるこの古くて新しい犯罪の目撃者です。  
 

  現在、集団ストーカー天国(でも死んだら地獄)の国に落ちぶれたアメリカでは万単位の大衆が娯楽代わりに集団ストーキングを楽しみ、その変態行為が正義の行いであり、自分らには罪無き他人を追い掛け回し生活を破壊し続ける権利が当然あるのだと洗脳されています。このCOINTELPRO(集団ストーキング)犯罪に関しおそらく英語圏でもっとも多くの情報が集まると思われるエレノアホワイト女史のラジオの対談番組でも、彼女の統計では現在すでに
「北米で人口100人に1人の割合で被害が起こっている」
と報告しています。
http://www.youtube.com/watch?v=dGfgRyObYrY&feature=related
Eleanor White Discusses (Organized Stalking) Introduction

エレノア女史の言われる「100人に1人の割合の被害発生」というのは、実際に私が目撃しているストーキング犯罪者の数および犯行の範囲からみても決して誇張ではないのがわかります。

これは対岸の火事ではありません。アメリカで起こる社会現象は必ず日本でも起こってきました。あとになって「被害に遭っていた人はこんな辛い思いをしていたのか、加害行為に加わったり、見て見ぬフリして申し訳ないことをした」、などと悔いてもそのときは既に手遅れかもしれません。

 あのオウム真理教事件の首謀者の麻原でさえ死刑確定後、死を待つ独房で命乞いのために狂ったフリをしたり、看守に向かって「オレは騙されていただけなんだ」と何度も叫び続けていたと報道された事実を忘れてはいけません。なぜなら麻原の死ぬ姿は、集団ストーキング活動に加担している実に多くの者達が臨終のとき、心の奥の自我が、死の恐怖を前に言い逃れを試みる姿とピッタリ重なるからです。法律で裁かれさえしなければ何をやってもいいと思っている、中身の無い皆さんは考えたこともないでしょう。が、世間は騙せても己の心は騙せません。

さらに死という関門は、誰もがいずれ、くぐらねばならぬという意味で他人事ではないことを思い起こしていただきたい。そのために大哲学者の言葉をひとつ引用しておきましょう。

「すべての人間は死刑を宣告されている」 パスカル

  ところでかれこれ15年も前、すでに今日の集団ストーキング犯罪の蔓延を予言していたような先生がいらっしゃいました。以下は哲学者でもあられた故・伊藤和夫先生にまつわるエピソードです。
          =============

  オウム真理教の事件が起こった時のことだが、飲み屋で先生と話しているおり、周囲の人たちは、テレビ報道を聞きながら、「オウムの人たち」を揶揄し罵倒し、それを「楽しんで」いた。先生は、周囲の酔いの混じった喧噪を嫌悪しながら、自分の中にも「オウムの人たち」と同様の「暗闇」が住んでいることについて、そして自分は幸運にもそれを抑え終えていることについて語った。
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/879.html

DEVIDE & CONQUER (仲違いさせて征服せよ)

COINTELPRO

(source:ttp://www.whale.to/b/cointelpro_q.html)


権力犯罪「コインテルプロ」のシンボル図を見つけたのでご紹介します!

アングロ民族は侵略し支配した相手が反抗しないよう、その集団内にマッチポンプ式の無益な対立を煽って、同胞どうし、あるいは被支配民族どうしを潰し合わせる謀略を定石にしていた。怒りの矛先が自分らに向かないようにですね。

 集団ストーカーの基本戦略もまったく同じなことに賢明な方はもう気付いておられるでしょう。被害者の間にさえ、ときどき「警察や政治家など、なぜ権力犯罪者が自国民に“混乱”をもたらすようなことをするか」という疑問を持つ方もあるようですが、ここで「混乱」といっている現象は人種や経済階層間の「対立」と置き換えて考えることができるでしょう。

  これはウラ世界史を勉強すれば常識のことですが「DEVIDE AND CONQUER(仲違いさせ征服せよ)」はアングロサクソン民族の伝統で、普通の大学生などでもこの言葉は知っています。彼らは常にそうやって自分らが植民地にして支配している地域内においてマッチポンプ式に地元民同士の「対立」を起こさせ、武器を売りつけてゼニを儲たあげくに、被支配者間で殺し合いさせられた者どうしを憎み合わせて、被支配民が怒りや不満の矛先を決して自分らには向けてこないよう、うまくマインドコントロールしてきたんですね。

  しかしさすがに21世紀にもなり、先進国内でのあからさまな武力紛争や植民地支配は国際社会が許さない時代になっています。でも鉄砲や大砲がマインドコントロール用のハイテク凶器に、そして兵隊が集団ストーカー犯罪者に変わっただけで一皮むけばアメリカが日本にやってることなどは全く同じじゃありませんか?

アングロ民族が未だに抜け切れない「他者を仲違いさせて征服したがる習性」と世界各国で蔓延している集団ストーカー犯罪を、「FBIは集団ストーキングのテクニックを各国の警察に教えている」という事実を補助線にして俯瞰すれば、全体像がよく見てとれることと思います

くれぐれも工作員の扇動に乗せられて、創価学会、朝鮮人あるいは部落民など「だけ」を犯人と特定し、敵意を煽るようなブログには共鳴しないよう注意しましょう。真贋の見分け方をご紹介します。

あくまで参考程度ですが、アメリカの犯罪組織の息のかかった工作員による扇動は、たいてい

①非常に口汚く感情を煽るような表現が多く見られる(もともとアメリカ人はf--kなど汚い4文字言葉が大好き)
②根拠や論理性がとぼしいにもかかわらず「犯行組織は絶対、創価だ」など断定/限定的。
③話す相手により、または時と場所により主張内容に大幅な食い違いがみられ論理的な一貫性がない。(これも、真実などどうでもよく場当たり的な屁理屈で相手を煙に巻き、その場の勢いで相手を言い負かし、もっともらしく表面を取り繕ったほうが「勝ち」とするアメリカ人文化にみられる特徴。そういえば人殺しの罪で起訴され民事では有罪になったのに、巨額のお金で大弁護団を雇い刑事裁判では無罪になった有名人もこの国にいたが、彼などがその典型例。)

 といった感じです。ただしサブリミナル効果と呼ばれる方法を用い、閾値以下の刺激で意識に働きかけ、本人も気付かぬうちに行動をコントロールされるような科学技術も目覚しく発達していますから、本当に被害を受けていても上記のような言動をとるようマインドコントロールされた人も中にはいるでしょう。

いずれにせよ皆様も他にお気づきの点などございましたら、どうぞお互い知らせあってください

全世界の被害者の皆様が一日も早く苦しみから救われることを願ってやみません

ドロボーと警官

【COINTELPRO Report @ USA】

   ロサンゼルス群一帯では日系スーパーや日本食レストランなどへ行くと日本語のコミュニティ紙が無料で配布されています。先日、それをピックアップして帰り
家で夕飯を食べながら読んでいると

「ショッピングモールで、何百台(場合によって何千台)にもなる駐車中の客の車ナンバーをすべて読み取ることができる機械を警察が、巡回する警察車両に搭載している」

という記事がありました。そして文の括りには、「しかしプライバシー侵害の問題もある」とお約束のフレーズが

   このフレーズを聞く度に、どうしてマスコミ商売人らはみな、組織ストーカー犯罪者たちの顔色窺うような、こういうぼかした表現するんだろうか、と疑問に思います。 どうせ「(警察を始めとした)公務員らが市民のプライバシー窃盗を行なっており、そこで得られた個人情報が集団ストーキング犯罪に利用されている」事実はもう大勢のアメリカ人が知ってることなんだから。もっと宮崎学氏くらい、はっきり警告すればいいのに、といつも思います。

 引用:『警察官の犯罪白書』より

  盗聴で得た情報は当然カネになる。政財界人などに

「カネを出せばライバル企業や敵の情報を教えてやる」

と持ちかけることもできるし、

「あなたの恥ずかしい情報を持っているので

買ってほしい」と言うこともできる。

また、権力者の側から「OOのことを調べてくれ」と

依頼することも考えられる。現在の警官がこうした

“誘惑”に勝てるとは思えない。
(p.13)

日本では公務員が違法行為をしても「犯罪」とは言わない。
「不祥事」と呼ぶのである。「満州事変」以降
十四年間、大本営発表の「連戦連勝」を
「書き写しジャーナリズム」していた頃と、
日本の大手マスコミの体質は、現在まですこしも
変わっていない。唯一の救いは・・少人数の
フリーランス・ジャーナリストたちの存在である。
 (あとがきp.238)
http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/01/blog-post_3916.html

 

さて、話しを戻し、そのコミュニティ誌の記事には、さら

「この機械を使って、これまで盗難車を30台以上検挙した

と書いてあり驚きましたもちろん、そのテクノロジーにではありませんアメリカの警察がたまにはちゃんと仕事しドロボー捕まえることもあるんだという事実に驚いたです! 

  でも自分らが日頃、何の罪もない、一個人のプライバシーを窃盗し、自ら組織的ストーキング犯罪にあけくれながら、「そんなことはやってない」とウソを吐き、納税者を騙して裏切っている。 警察の実態など、「税金ドロボー」そのものでしょう。警官がいつもドロボーをしているんじゃ、アメリカンコップに捕まっても普通のドロボーたちは絶対反省できないんじゃないでしょうか?
なるほど、この国は服役中の囚人の絶対数が世界一多いのも頷けます。別に他国より逮捕率が高いわけでもないですから、犯罪をやる人間が単純に世界一多いだけでしょう。掛け値なしの「犯罪大国」というわけです。

また2010年5月にはこんなこともありました。Alhambraでフリーウェイを降り一時停止した際、後続の車にバンパーを軽くぶつけられ警察を呼んだのですが、所轄のAlhammbra市警察署から10分もかからない現場なのに待てども、待てども、警官が来ない。暇なので、ぶつけてきた相手と世間話しながら待つこと数十分。「なかなか来ないね」と言うと相手は「けが人もいない事故の処理は、駆けつける優先順位が低いから、こんなもんでしょう」とのこと。そのうち、お互いすっかり打ち解けて後日、一緒にご飯を食べにいく仲になったほど長い時間(40分以上)待ってようやく警官が独りパトカーでやってきたのでした。
しかし、私にギャングストーキングしてくるコインテルプロ警官は、毎日、多いときは一日10回近く、私が行く先々どこでも、執拗かつ実に素早く、先回りまでしてストーキングしに現れるんです。このことからアメリカの警察にとってギャングストーキング犯罪を遂行するほうが事故処理業務より優先順位が高いということがわかります。 

 むかし子どものころ「ドロボーと警官」(私の地域では略してドロケー)とい遊びがありました。あれは時間がくると、定期的ドロボー役と警官役が交代するんですよねたかが子どもの遊び、とあなどってはいけません文化人類学を学んだことがある方ならご存知だと思いますが、抑圧・隠蔽され、目には見えにくくなっている、大人たちの潜在的な欲望や社会矛盾やらが、子どもの遊びの根底に潜んでいること多々あるんですね。つまり子どもの遊びが、その大人社会を映した縮図や鏡になっていることがある。

   他人のプライバシーの窃盗と組織的ストーキング犯罪の問題も、案外、子ども達は大人より、その本質をしっかり理解してたりするかもしれませんね

サッカー ワールドカップに寄せて

COINTELPRO


つれづれなるままに
 【亜米利加COINTELPROすとーかーレポート】
   -- COINTELPRO Stalker Report @ USA – (初出2010.6.30)



何の笑いがあろうか。何の歓びがあろうか?
___世間は常に燃え立っているのに___。
汝らは暗黒に覆われている。
どうして燈明を求めないのか?
(Dhammapada146 )



  欧州人ほどでないにせよ西海岸のアメリカ人には意外に
好んでサッカー観戦するものも多い。
集団ストーカー犯罪者の首謀者らがハイテク兵器で
なんの謂われもない一般市民を静かに殺害し続けていることもすっかり忘れてだ。
まさに
「我等が生死の到来、ただ今にもやあらん。
それを忘れて、物見て日を暮す、
愚かなる事はなほまさりたるものを」(徒然草41段)
である。
 
  もっとも、ハイテク凶器で市民を試し切りするかのように
人殺しを楽しむ同犯罪の首謀者ら同様、 大衆ストーカーたちもまた
その兵器群の存在を隠蔽し「被害者は精神病で,告発は妄想だ」と
世間に思わせる必要から駆り出され他人の生活を破壊し
命を奪うこの集団犯罪をスポーツのごとく喜んでやっている。それがアメリカである。


 スポーツは戦争の代わりだと言う輩もいるように、
本当はうす汚い世界であることは間違いない。
フィギュアスケートに詳しい者ならト-ニャ・ハーディング事件をよくご存知だろう。
オリンピック代表の座を奪うため選考会直前、元夫に宿命のライバル、ケリガン選手を
襲わせて怪我をさせ出場できなくさせたのが集団ストーカーの大先輩ハーディングだ。
 似たような話しは韓国で開催されたサッカーのワールドカップでも聞かれた。
韓国チームがなんとかして勝ちたい対戦相手の敵チーム選手が宿泊するホテル前に
朝鮮人暴徒が集合し 夜中の3時ころまでドンちゃん騒ぎして相手選手たちを
睡眠不足にしてやったというのだ。    

   防犯のためだなどと嘘八百の理由であかの他人の私生活を覗き、
嫌がらせを繰り返す 集団ストーカー人間の発想に一脈通じるエピソードだ。
そのやり口ときたら 本人が大切にしている物を盗み、壊し、ペットまで殺し、
大切な人との仲を離反させ もし落ち込んだり、傷ついたりすることがあれば、
傷口に塩を塗るかのように、 そこを集中攻撃し、
相手の弱みを探し出しては追い討ちをかける。
卑怯・卑劣という日本語は彼らのためにあるようなものだ。   

集団ストーカー犯罪者になってしまった彼ら彼女らが、ここまで病的になったのには、
むろん人間の脳波に干渉し集団マインドコントロールを可能にするハイテク凶器の影響も
あるだろうが、実はもっと根源的な心の病がそこに横たわっている。アメリカ人社会は
いわずとしれた世界でも最も苛烈な競争社会だが、ダンマパッダ201番にも

「 勝利からは怨みが起る。敗れた人は苦しんで臥す。」

とあるように、何事にも勝ち負けをはっきりさせれば、
自ずとごく少数の勝者と無数の敗者が生まれ、
一方で多数の敗者からは恨み、妬みが生じる。
いったん火がつけば大火事になる揮発性の高い燃料を
いつも心に抱えているようなものだ。
また今日の勝者も明日は敗者になる不安に怯えなければならない。

それでも「フェアプレー精神」を誰もが守るなら、
競争が健全な進歩を生むこともあろうが、
現実には、勝つことに執り憑かれた者は往々にして容易に人の道を踏み外す。
そこへ「物的証拠を残さず、法律で裁かれる事も無く、人を貶め、生活を破壊し
その苦しむ様を見物して優越感を楽しめる方法がありますよ。
ちゃんとマニュアルも言い訳も用意してありますし、
こんな特別なチャンス、誰も断りませんよ」
と誘惑されれば、劣等コンプレックスを抱えた人間が誘いを断ることがあろうか。
相手のプライバシーを24時間、常にノゾキ見できるだけで、自分が
相手より偉くなったかのような妄想にとりつかれる者が大勢いても
不思議ではないし、そのような倒錯こそ、心の障害者の特徴でもある。

アメリカが厳しい競争社会であること、そして、この国がいちはやく
集団(ギャング)ストーカー天国と化し、ナチスのような
大衆マインドコントロール犯罪が爆発的に蔓延し、現在、
世界でもっとも多くの集団ストーカー犯罪者を抱えている「世界一病んだ国」に
なったこととは、明らかに相関関係がありはしないだろうか。

そのアメリカ人大衆に行なわせている「集団ストーカー犯罪」の手口を仕込んだのは
主に東ドイツ崩壊後に失業した秘密警察シュタージの権力犯罪者たちといわれているが、
シュタージの扇動により集団ストーキング犯罪に協力した旧東ドイツ大衆の犯罪動機は、
次のようなものであったことが、国際的なジャーナリズム賞も取ったファンダー著『監視国家』
で、指摘されている。

****************
「情報提供者にとってはどういう旨味があったのでしょう?」
どれくらいの金額が支払われていたか興味があった。
  「哀れなくらいでしたね …… 」
 「そういう条件でどうして彼らは情報提供者となったのでしょうか?」
 「・・・・そうすることで自分が何者かであると思えたんじゃないでしょうか・・・・自分は他の人間とは違うんだと思えたのではないでしょうか。」
---- 裏切りそのものが報酬だったのだ ---- 誰かより上にいる自分を感じられるという小さくて根深い人間の満足感。愛人のようなこの心理を東ドイツ政権は利用していたのだ。(p.265)
引用終わり
http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2010/10/blog-post_20.html
****************

もし俵万智が集団ストーカー被害者だったら、こんな一句を詠んだにちがいない。

「誰かより 上と妄想したくて 集スト」

さらにいえば、集団ストーカー犯罪をやる大衆は
何かしらの劣等コンプレックスを抱えているものが多い。
しかも正々堂々の競争をしていては、とうてい勝てないので、
集団ストーカーのような卑劣な犯罪や嫌がらせで、自分より優れた者を妨害し、
「勝った」つもりになる


その人格は、1994年のリレハンメル・オリンピックのアメリカ代表選考協議会で
自分が優勝するために、ライバルのケリガン選手を暴漢に襲わせ怪我させた
トーニャ・ハーディング犯罪者の考え方に象徴される。
これを「トーニャ・メンタリティ」とでも名づけたら、
将来、社会心理学の用語になったりするかもしれない。

  しかし一方で、同じ厳しい勝負の世界でも日本のお家芸、柔道界には、
正反対の逸話もある。国民栄誉賞の山下選手が金メダルを取った試合で、
山下選手は片足を怪我していたが、
相手のラシュワン選手は山下選手の怪我したほうの足を集中攻撃するなどといった
汚い真似はせず銀メダルに甘んじたという。

  すでに国中に蔓延した集団ストーカー犯罪がこれから臨界点に達し、
道徳観念の崩壊した各国民が、
また正常さを取り戻す努力を始めるとき、
日本的な美学が一役買うことがあるかもしれない。
Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.