6.【ロサンゼルスの自宅での嫌がらせ】その4

【家宅侵入があったと考えられる事例】

・買ったばかりで新品の居合い刀のツカに巻いてある紐が
家においているあいだに切られていた。(2010年1月)
この極太い巻き紐は耐久性があり日本刀を操作するうえで
滑り止めグリップとして最低何年かはもつ。
 買って2週間ばかりなのに自然に切れるはずなく、
紐の切り口も擦り切れたのではなく明らかにカッターなどの鋭い刃物で
切ったのがわかるように綺麗に切られていた。
販売店に交換してもらうが契約上、送料は往復こちらが負担せねばならず
50ドル近い無駄な出費とその間、自分の刀で練習できない不便さを被った。

販売店に新品と交換してもらったが、2ヶ月後にはまったく同じ箇所を
まったく同じように切られる。
(多くの被害者が証言しているとおり、この犯罪に従事するものは
 普通の人間が普通に持つ罪悪意識というものがみられず、逆に
 人の苦しみを見て喜ぶ人格・精神障害者であることが、
 この一件からも推し量られる)


・日本から2本持参したシャーペンが2本とも立て続けに盗まれた。
学生なので毎日使うものであり、書きやすさにこだわるほうなので
デザイナーなどが使う高級なのをわざわざ日本から持ってきて大切にしていた。
犯罪者はそれをわかったうえで、あえて盗んだと思われる。
同じ品はアメリカでは手に入らないのも知ってのことに違いない。


・他にも日本から持参し大事にしていた唯一の日本人ミュージシャンのCDを
友達に貸したところ失くされた。これも基本的にはアメリカで売っていない。

(なお私が貸した相手はその後いわゆる「ほのめかし」などもしてきた人間で、
犯罪組織とグルになっての嫌がらせのつもりだったのか、それとも
この件については本人は関与せず他のガスライティング犯罪者がCDを盗み、
私とその彼女との関係をまずくさせようとする人間関係破壊工作だったのかは
わかりかねる。しかしやった本人が一番よく知っていることであり、
因果応報の悪い報いを受けるのも当人なので、どちらでもいいが。)


・アメリカの大学の授業でテスト前に配られた試験に出る要点リストや
自分でまとめた授業ノートなど勉強に必要不可欠なものほど、
テストの時期になるとよく盗まれる。
なくなったままのこともあるが、
どれだけ探しても出てこなかったのに、テストが終わると
いつのまにかまた元のファイルに挟まれていたりする。
(もちろんそのファイルも、ノートが“なくなった”ときに
  何度も確認したものである)


  以上のように、どこの国の出身であれガスライティング犯罪者になるのは
卑怯で卑劣、病的なキャラクターである点だけはしっかり共通しているようです。

 すなわち被害を訴えても警察が取り沙汰するほどの金額に達しないギリギリの
ラインで、なおかつ被害者が大事にしていて失くしたり壊されたりしたときの
精神的ダメージがかなり大きいものを狙って犯行に及んでいる。
  
  また損害額が多額に及ぶ(車や電化製品を故障させる)被害も多々
受けているが、その場合は第三者には「自然に」そうなったように
見せかけようとする手法がとられている。

【ロサンゼルスの自宅での嫌がらせ】 その3

【証拠写真を撮る】

 気が向いたときしかこの犯罪の証拠写真は撮ったりしないのですが
去年(2009)6月、一度撮影したことがあります。

  アメリカでは自宅でもタバコを吸うときは屋外に出て吸うのが普通なので
そのときを待ち構えてストーキング実行犯が次々にやってきていました。
(私は去年11月にタバコを止めたので過去形ですが)

・家の前を同じ車がわざと2度3度と通り過ぎる
・こちらの目の前で車を止めニヤニヤした後、1分くらいして走り去る
・家の前の道はUターンに十分な幅がありどこでもできるし、
 そもそも道は碁盤目になっておりUターンする必要自体がないのに
(通り抜ければ済むこと)私有地の我が家に頭を突っ込んでUターンしていく
・車中から何か喚いて(直前に私がやっていたことを仄めかすことが多い)走り去る

などが日常茶飯でしたが、無視し続けているとどんどんエスカレートし
去年6月頃、まだ十代と思しき白人の男女5人くらいのグループが
ピックアップトラックと乗用車をウチの前に乗りつけ、頭のイカレたアメリカ人独特の
ターザンみたいな奇声を上げて、
車から飛び出て一斉に広がりスケボーしたり騒ぎだし始めました。 

  その時期、地元警察からの回覧レターみたいなものがあって
「最近、家宅侵入窃盗犯が増えているので見慣れない車が止まっていたりしたら
通報してくれ」とありましたので、ちょうどいいやと思って写真とってみました、
彼らの目の前で。

すると案の定、慌てて
「なんで写真とるんだ」と抗議してくる。
さらに日本で言う肖像権みたいなのを盾に
「撮った写真を消去してくれ」
と言ってくるので
「君らが不審だからだよ」というと、
「友達を待ってるだけだ」
と用意していたのであろう見え透いた言い訳。

こちらは
「なんでこんな場所で待たなきゃならない?」と畳み掛ける。
すると、自分でも悪いことをやっていると思えてきたためか
何人かの男はさすがにバツが悪そうな表情に変わり始めたが、
その中にかなり性悪そうな女の子が一人いて
「なんでここで待っちゃいけないの?」と悪びれもせず開き直る。

罪悪感という普通の人間には普通に備わっている感情が欠落してそうな、
こういう筋金入りの人格障害タイプはこれ以上、何を言っても堂々めぐりなのは
経験上わかっているので、ただ腕組みをしてジッと睨んでやると、
まだ罪悪感という感覚が残っているらしい男の子がひとり前に出て
「わかりました。帰ります。それでいいでしょ?」
と切り出し「撤収」し始めた。 が、件の女の子は
「撮った写真ちゃんと消去してくださいよね」
と最後まで言い張っていた。

【ロサンゼルスの自宅での嫌がらせ】その2 近隣住民

【近隣住民が嫌がらせに参加】

2009年夏頃から

・歩いて10分くらいの近所のドーナツ屋まで週2,3回散歩がてら
徒歩で行くが、たとえコースを変えても道々の民家のものが“ほのめかし”を行なう。
私が通りかかるタイミングに合わせ携帯片手に大声で話しながら表に出てきて、
その直前に私がネットで閲覧したサイトの内容や知り合いにメールした内容と
一致するキーワードを、会話に挟むふうにしながらも、(その言葉だけ)わざとらしく
大きな声だったり、連呼したりする。

そして毎回かならずやられるのが、
私が通りかかるタイミングでガレージから車をバックさせ出てくるというもの。

  あるときなどはガレージで待ち構えていたが男がバックミラーで私を確認して
おきながら、すかさず、わざとバックして出てくるので、無視して突っ切ってやろうと
したら轢かれそうになった。
 その男は謝ることもせず表情は緊張しており、それが偶然ではないことが明らかだった。

6.【ロサンゼルスの自宅での被害】

2009年~

例えば車のトランクを開けると真ん中にぽつんとカミソリの刃が置かれていたり、
2009.6からは毎日、家の周囲で常にストーカーたちが交代で車を走らせており、
クラクション鳴らして去ったり、道の真ん中で停車してみたり
ドアを大きな音でバタンバタンと意味なく開閉して去ったり、
大声で何かわめいたり、エンジンをふかしたり、タイヤを鳴らして去ったりなど、
さまざまな嫌がらせがある。

  これがストーカーの仕業だというのが
私の「思い込みや勘違いではない」と何故わかるかというと、
こんな状態は元からではなく、引っ越してきた当初は、本当に静かなものだったからだ。
そもそも住宅エリアにあるこの家の前の道路は15分に一度くらいの割合でしか
車が通らなかったのが2009年6月初旬のある日を境に、
私が机に向かっている間や座禅をしているときなど
特定の行為中にあわせては最低1分おき、多いときは10秒間隔で(つまり1分に6回、
10分で60回!くらいの頻度 – 誇張ではなく実際に数えた結果)
ストーカーに家の前を車で通過させている。ごくたまに窓から眺めて観察してみると
運転手はほとんどがサングラスをかけていたり、あるいはこちらに気づき
目が合いそうになると顔を隠すものが多い。
また同じ車が時間を置かず二度三度と往復する。

4.【下関の実家での嫌がらせ】

2001年5月ころから

・南京事件に関する英語のサイトで、中国政府の見解に否定的な書き込みをした翌日、
家の中の廊下で生きたヘビが見つかる。
私の実家は新興住宅地の真ん中にあり野生のヘビなど家の周りにいないうえ、
外からヘビが自然に入る隙間は一切ない。
その1,2年前にも同じく南京事件について頻繁に投稿していた時期に父が
朝起きると寝室で大きなヘビが見つかったことがある。

・留守の間に、トイレの壁やドアに汚物がなすりつけられる。

・外出から帰宅し自室に入ると、中年男性がよく使う整髪料の強い匂いがすることがある。
同居していた継母も自分もそのような整髪料は使っていない。

・ためしに冗談でダンボールに「犯罪者進入禁止」と書いて山折りにし自室内に立てておいたところ帰宅すると、それが踏みつけられ平らになって別の場所に移っている。

ところでこれらの件についても警察には何度も足を運びました。
しかし以下に詳述するように警察は被害者が訪れても被害届を出させず
逆に圧力をかけて告発を口止めするよう上からの指示がある様子で埒があきませんでした。
また住居侵入の件にしても
「そんなことはありえない」というフリをして、被害の存在そのものを認めようとしませんでした。

最初の頃はまさかと思いたかったのですが、どうやらネット上で喧しく指摘されている
とおり警察そのもが犯罪に関わっているか、少なくとも内部に加担者がいるとしか
結論せざるえないような状況証拠が得られるばかりでした。
Profile

yenu

Author:yenu
The Writer of 『拝啓 ギャングストーカー犯罪者の皆様』(Dear COINTELPRO Criminals) and <集団ストーカーの死> The Death of Gangstalker; also Co-Editor of 「新しいタイプの人権侵害・暴力」 Unprecedented Human Rights Violation

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.